建築先の選び方

せっかくですから、軽井沢の豊かな自然環境をたっぷりと楽しめる住まいを建てましょう。大きな開口部や広々とした吹き抜けなど、開放的なイメージを膨らませる一方で、軽井沢特有の厳しい気候にもしっかりと対応した建物にしておくことが、通年快適に利用するためには重要です。

住まいとしての性能

2-3-1

軽井沢の気候で注意しなければならない点は、湿度対策と寒冷地対策です。町内である程度の建築実績を持つ信頼できる設計者や施工会社を選ぶことによって、豊かな経験をもとにした対応策が期待できます。
時には氷点下15℃を記録することもある軽井沢の厳冬期に耐え、快適に暮らせる断熱性能や暖房設備を選ぶ必要がありますし、利用スタイルにあった水道設備の凍結防止策を施すことも気に掛けたい点です。

別荘としての非日常性

2-3-2

慌ただしい日常を離れて都会には無い環境を求める別荘では、建築の非日常的なエッセンスが軽井沢ライフを豊かなものにします。とは言え、現実的な予算との兼ね合いを図りながら、デザイン性と機能性とのバランスを取ることも重要、となると、どのように建築の依頼先を選べば良いのでしょう。
軽井沢 別荘Naviでは、皆さんの軽井沢ライフへのご希望イメージや重要視されること、条件などをお聞きした上で、最適と思われる建築先をご紹介しております。依頼先には、大きく分けると3つの方向性があります。

  1. 建築家に依頼をする。 
    デザイン性に富んだ建築をお求めの方へ。軽井沢での別荘建築を得意とする建築家からお選びになることをお薦めします。まずは別荘地をドライブしながら様々な建物をご覧頂き、または雑誌等の別荘特集などをご覧になって、お好みのデザインテイストを明確にして行くと良いでしょう。
  2. 設計施工会社に依頼をする。 
    トータルのご予算の中で、デザイン性と機能性をバランス良く備えた建築を叶えたい方向き。各会社とも設計士を抱えています。
  3. ハウスメーカーに依頼をする。 
    好みに合った建築を探しやすく、イメージが掴みやすいのが利点。ログハウスや北欧住宅から国産大手メーカーまで、信頼と実績から選びたい方へ。

快適な軽井沢ライフをお送りいただくには、建築のアフターケアも重要です。引渡し後も何かあった際に速やかに対応してくれる、軽井沢を良く知る建築先選びが何より重要ですので、土地選びの段階からご相談くださいませ。

弊社では10数社の建築先と提携していますので良い建築先をご紹介いたします。